神奈川みなみ医療生協は1950年11月の創立から70周年を超えました。このコーナーでは、医療生協が歩んできた70年の歴史を振り返ります。



神奈川みなみ医療生活協同組合は、購買生協の横須賀生活協同組合としてスタートします。戦後の荒廃した生活の中から生活物資をもとめて立ち上がり、民主運動を進め、旧産業組合法に基づき、1950年11月18日に創立されました。発足した横須賀生協の組合員は横須賀市全域に広がり、やがては葉山町、逗子市へと広がっていきました。
横須賀生協は、徴税や差し押さえで商売が行き詰った商人と手を結び、商店との合同をすすめ組織を大きくしていきます。こうした動きを警戒した政府は、1954年に生協法を改正し規制を行ないました。そのため、合同した店舗は横須賀生協から脱退、一気に厳しい経営状態に陥りました。



このような中、衣笠診療所が1955年7月に開設されます。
生協法改正のために危うくなった横須賀生協の再建策として、診療所経営が決定されました。一方で、以前から横須賀市内に「民主診療所」をつくろうという動きがあり、この2つが合流し衣笠診療所がつくられていきます。
全国的にも購買・医療事業を行う生協は数えるほどしかありませんでした。また、当時は横須賀にはじめて誕生した民主医療機関として注目を集め新聞報道されました。
1950年2月、問屋からランドセルを仕入れ代金を繰延にして衣笠駅前に土地を購入。所長には以前から横須賀に民主診療所をつくろうとしていた榊原芳樹医師、事務長には当時東京で民医連活動をしていた大窪敏三を迎えました。設立趣意書には、医療に恵まれない人々のための医療機関として大衆的に建設するという内容で、市内の労働組合の幹部や民主的な人々が賛同者として名を連ねました。



開設をした診療所は榊原医師、大窪事務長のほか、看護婦2名、事務員1名、炊事1名で船出をしましたが、運転資金はなく無一文の有様で給料日には事務長が組合員の家を借金に歩いて回るという状況でした。
診療は朝の9時から午後9時、土曜日は午後5時まで、日曜日は隔週で半日診療を行ない、開設から一ヶ月目にして1日の患者数が100人を超える日もあるほど地域からの信頼を集め、診療所の経営は順調で大変忙しい日々でした。翌年の1956年1月には神奈川民医連に加盟。さらに民主経営と職員の生活を守るために1959年(昭和34年)5月に労働組合が結成され、諸規定の整備、経営への協力協同をすすめ、経営改善へ大きな貢献が果たされることになります。